とある科学 攻略

パチンコ攻略

- Pとある科学の超電磁砲 最強攻略5点セット -

パチンコ攻略法販売TOP
Pとある科学の超電磁砲 攻略

勝率2倍UP!無料版攻略情報

◆すろぱちすてぇしょんさんの実戦動画です。

 

◆人気ユーチューバー日直島田さんの実戦動画です。

 


パチンコ攻略重要事項

◆読んでほしい記事
ボーダー理論は欠点の多い攻略法



仕切りライン


無料版攻略情報



スペック&特徴
まずスペックですが、本機は大当り確率1/239.2の一種二種混合機で、ヘソ入賞時のRUSH突入率はトータル約50%、RUSH継続率はトータル約80%となっています。

ヘソでの振り分けは、RUSH突入が7%、RUSH非突入が93%、出玉はオール8Rの約410個で、RUSH非突入の場合はラウンド終了後にRUSH CHALLENGE(時短100回で大当り確率は1/163)があり、ここで当りを引ければRUSH突入となります。

RUSH中は時短100回or3000回で大当り確率は1/68.2となっており、当ると10Ror2Rの当りを3回ワンセットで引くことができ、この組み合わせによって4種類の出玉を獲得できます。
その際の振り分けは、10R×3(約4700個)0.8%、10R×2+2R×1(約3350個)10.0%、10R×1+2R×2(約2000個)38.8%、2R×3(約650個)50.4%となっています。

また3回ワンセットの最後の当りが10Rの場合、50%の確率で時短3000回となるため、これを引ければ次回大当りはほぼ確定となります。

◆機種詳細情報
Pとある科学の超電磁砲 公式サイト



ハイエナ攻略
それでは攻略情報ですが、まずハイエナ遊技の場合、当日の優秀台で大当り終了後の浅い回転数で止めている台を狙い、300回転までを狙うのが最も初当り確率が高くお薦めです。
ただし300回転を超えると大当り確率は大きく下がり、ハマるリスクが高くなるので注意してください。
また本機は午前中ハマって午後から噴くケースが比較的多いので、そういった当り方をしている台も狙い目です。

<重要>
上記の実戦でも勝率は大きくアップしますが、さらに効果の高いワンランク上の攻略を実戦したい方は、「ハイエナでの勝ち方」をご利用ください。




朝一攻略
次に朝一遊技の場合ですが、当日あなたが狙っている台もしくはそのホールのよく出る台を狙って、50回転もしくは200回転を目安に遊技するのがお薦めです。
下記に優秀台の回転数別初当り率を載せたのでご覧ください。

 1〜50回転:26%
 51〜100回転:14%
 101〜150回転:11%
 151〜200回転:16%
 201〜250回転:9%
 251〜300回転:4%
 301回転〜:20%

これを見ると分かりますが、本機は50回転以内の初当り率が高く、200回転を超えるとハマるリスクが高くなるので、設置台数の少ないホールでは200回転まで、設置台数の多いホールでは狙い台を複数絞って、50回転ずつ回す立ち回りが有効です。

<重要>
朝一攻略では台選びが最も重要で、台を選んだ時点で勝ち負けが決まると言っても過言ではありません。当方では長年の実戦経験から勝てる台の見極め方をまとめた記事があるので、朝一遊技の多い方は是非「朝一での勝ち方」をご利用ください。




その他の攻略情報
次にその他の攻略情報ですが、本機は遊タイムも潜伏確変もないので通常時であればいつ止めてもOKです。

本機はRUSH中の消化速度が遅めなので、閉店時間の1時間半くらい前には通常回転での遊技を終了するように心掛けてください。



ストローク
次にストロークですが、本機は下画像の黄矢印のストロークがお薦めです。
これで思ったほど回らない場合は弱めに調整してみてください。

 Pとある科学の超電磁砲 ストローク



ラウンド中の捻り打ち
次にラウンド中の捻り打ちですが、本機は上アタッカーと下アタッカーがあり、下アタッカーのみ成功率が高く実戦可能なので、それぞれ下記のように打ち分けてください。
(※捻り打ちや止め打ちを普段あまり実戦されない方は打ちっぱなし推奨です。)

【 上アタッカー時 】
ヘソ当りと電チュー2R当り(2R目のみ)で開閉しますが、捻り打ちは成功率が低いので、ヘソ当りのときだけラウンド間止め打ちを実戦してください。

【 下アタッカー時 】
電チュー10R当りと電チュー2R当り(1R目のみ)で開閉しますが、いずれも1R目はパカパカと高速開閉するため、10R当りの2R目から捻り打ちを実戦してください。

本機の電チュー当りは10Ror2Rの3回ワンセットとなっていますが、いずれの場合も1R目は必ず下アタッカーがパカパカと高速開閉するので、その次に上アタッカーが開けば2R当りなので打ちっぱなしで対応し、下アタッカーが開けば10R当りなので捻り打ちもしくはラウンド間止め打ちを実戦してください。



時短中の止め打ち
次に時短中の止め打ちについて解説します。
本機は盤面右下にあるポケット入賞で大当り抽選される仕組みになっており、打ちっぱなしだと2割程度の玉が無駄玉になってしまうので、保留が減った分だけ打ち出してオーバー入賞させないように回してください。

【 時短3000回のとき 】
本機は3回セットの最後が10Rの場合は50%の確率で時短が3000回となりますが、このときは消化速度が速いので打ちっぱなしでOKです。

【 時短終了時 】
本機は101回転目からは当らない仕様になっているので、保留を含めて100回転になった時点で打ち出しを止めてOKです。



その他の止め打ち
最後にその他の止め打ちについて解説します。
本機は時短中に当ると画面に「超を狙え!!」が表示されますが、そうしたら右打ちして電チューに必ず玉を3個入賞させてください。
完了すると画面に超文字キューブが出現するので、そうしたら一旦打ち出しを止め、画面に「右打ち→」が表示されたら打ち出すようにしてください。



当方では過去最も売れたパチンコ攻略商材の販売をしています。
私自身が20年以上勝ち続けている方法で、ボーダー以下の台でも勝てる貴重な情報です。興味を持って頂けましたら下記ボタンから商品の購入をご検討ください。
安心のヤフオク購入にも対応しています。




商品案内・購入ページへ





機種別攻略情報

パチンコ攻略機種1
パチンコ攻略機種2
パチンコ攻略機種3
パチンコ攻略機種4