花の慶次〜蓮 攻略

パチンコ攻略

- P花の慶次〜蓮の攻略情報を紹介 -

パチンコ攻略販売TOP
P花の慶次蓮 イメージ画像

P花の慶次〜蓮

CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃 攻略情報


勝率2倍UP攻略情報


スペック&特徴
まずスペックですが、本機は大当り確率1/319.6のV確転落抽選タイプとなっています。
ヘソ入賞時のRUSH突入率は50%ですが、RUSH非突入時には100回転の時短が付くので、時短引き戻しを含めた実質のRUSH突入率は約63.4%となっています。
(※時短中の当りはRUSH突入濃厚となります。)

RUSH中は1/520.1の転落フラグをいかに引かずに1/129.7の大当りを先に引くかといったゲーム性になっており、電サポ100回転目に継続演出が発生し、100回転以内に転落フラグを引いていなければRUSH継続で、引いているとRUSH終了となります。
RUSH継続の場合は大当りor転落フラグのどちらかを引くまで電サポが継続し、転落フラグを引くとRUSH終了となります。
(※RUSH継続率は約82%です。)


朝一攻略
それでは攻略情報ですが、まず朝一からの遊技の場合、50回転〜100回転を目安に遊技してください。
この間に初当りを引いてRUSHに突入し、6連チャン以上(10Rを3回以上)すれば優秀台の確率は高くなります。
スランプグラフで見ると下図のようなイメージです。

 花の慶次〜蓮 スランプグラフ

本機の優秀台は50回転以内の当りが多いので、朝一の稼動の低いホールの場合、狙い台をいくつか絞っておいて、50回転ずつカニ歩きするのが有効です。
設置台数の多いホールの場合、「朝一での台選び」を参考に遊技台を決定すれば、優秀台を掴める確率が大幅にアップするのでご利用ください。


ハイエナ攻略
次にハイエナで狙う場合ですが、当日優秀台の浅い回転数で止めている台を狙い、300回転までを狙うのが最も初当り確率が高いです。
(※優秀台の選び方は「ハイエナでの台選び」を参考にしてください。)
本機は確変転落タイプのため、前人者が最後の当りでRUSHに突入していた場合、何回転で抜けたのか分かりませんが、それらを考慮しての300回転狙いとなっています。


その他の攻略情報
あとこれはネット情報ですが、本機はRUSH継続率約82%を売りにしていますが、転落フラグを引く確率が非常に高く、1/520.1の確率に疑惑の意見が多く見られます。
よってもしご自身の行かれるホールが蓮よりも漆黒の出玉状況が良いようであれば、現状無理に蓮は打たずに漆黒での遊技をお薦めします。


好不調判別法
次に台の演出による好不調判別法をまとめましたので参考にしてください。

【 好調台によく見られる演出 】

  • 保留がよく変化する。
  • 緑保留が熱い演出に発展する。
  • 座ってすぐに四武将リーチ以上のSPに発展する。
  • 傾奇御免状演出がよく発生する。
  • 傾奇ZONEによく突入する。
  • 出陣チャレンジで当る。
  • 当りによくキセルが絡む。
  • 初当りが七図柄で当る。
  • 金系演出が頻発する。
  • プレミアの虎柄で当る。
  • RUSH中の当りが100回転以内に集中する。


【 不調台によく見られる演出 】

  • 保留が変化しなくなり台が静か。
  • チャンス目などの煽りがガセってばかり。
  • 弱系リーチが目立つ。
  • 強予告が伊達or真田に発展して外れる。
  • キセル演出が外れる。
  • 本機最強の八騎駆けリーチを外す。
  • 天激ボタンを外す。
  • 初当りで通常を引く割合が高い。
  • RUSHに突入して一度も10R確変を引けずに抜ける。
  • 時短中にSP発展が0〜2回しかない。



ストローク
次にストロークですが、本機は下画像の黄矢印のストロークがお薦めです。

 花の慶次〜蓮 ストローク



ラウンド中の止め打ち
次に大当り中の止め打ちですが、まず捻り打ちに関しては難易度が高いので、やり慣れている人は試してみて、出玉を増やせるようなら実戦してください。
やり慣れていない人や、実戦したけど出玉を増やせそうにない人は、ラウンド間止め打ちもしくは打ちっぱなしでOKです。
本機はこぼし箇所が盤面右上と右下に2箇所ありますが、こぼしは十数発に一発程度しか発生しないので(釘が無調整の場合)、10ラウンド実戦しても2〜3発程度しか節玉できません。
よってラウンド間止め打ちに関しては個々の判断にて行ってください。

またRUB(ランクアップボーナス)に関しては、アタッカーが開きっぱなしではなくパカパカと開閉を繰り返すので、下手に止め打ちを行うと拾いを少なくしてトータルの出玉を減らす可能性があるので、基本打ちっぱなしでOKです。


電サポ中の止め打ち
最後に電サポ中の止め打ちに関してですが、本機は「ラウンド中の止め打ち」に記載したようにこぼしの少ない機種なので、一見打ちっぱなしでもよさそうですが、RUSHの滞在時間の長い機種なので、できるだけ止め打ちを実戦してください。
目安としては、RUSHが1時間続いたら、止め打ちをしないと200発〜300発程度の出玉差が生じます。
それでは実戦方法ですが、電サポ開放パターンはミドル2回開放の1種類のみなので、ランプチェックは不要です。
200回転までと200回転以降で下記のように打ち分けてください。

【 200回転まで 】
電チューが閉じる直前に2〜3発打つ。
以後、繰り返しです。
あと止め打ちを行っても持ち玉は減るので、演出が発生した際にも打ち出しを止めるようにしてください。

【 200回転以降 】
200回転以降は回転速度が上がるので、基本打ちっぱなしで、演出が発生したら打ち出しを止めるようにしてください。

タイミングの取り方は個人差があるので、微調整は各々行ってください。


以上が勝率2倍UP攻略情報です。
無料版なので攻略の核心部分や裏情報については書けませんが、勝率をさらに3倍・4倍とアップさせたい方は、下記ボタンから商品の購入をご検討ください。
安心のヤフオク購入にも対応しています。




パチンコ攻略商品のご案内




実戦動画

P花の慶次〜蓮の実戦動画です。
慶次保留やカットインキセルが見れます。

 





機種別攻略情報

パチンコ攻略機種1
パチンコ攻略機種2
パチンコ攻略機種3
パチンコ攻略機種4