攻略法の歴史

パチンコ攻略

- 1992年以降に発覚した有名攻略法29機種を紹介 -

パチンコ攻略最強5点セットTOP

攻略法の歴史

ここでは1992年以降に発覚した有名攻略法29機種を紹介しています。
ただ1990年代には、ここに紹介されていないものがまだまだたくさんあります。
それらについては今後分かり次第載せますが、2000年以降に発覚した有名な攻略法はここに載せているものが殆どです。



■ブラボーキングダム 連チャン打法 1992年

 ブラボーキングダム

大当り抽選方式が大当たり確率1/25の天国モードが1つと、大当たり確率0/25の地獄モードが8つの計9つのモードで形成されており、各モードは保留ランプが3個以上点灯した状態からハズレリーチが発生するとモード移行するため、一度大当りを引けば、3個目の保留ランプを点灯させないように回すことで天国モードを維持することが可能でした。



■春一番 連チャン打法 1993年

 春一番

体感器を使用することで攻略が可能でした。やり方は大当りしたら盤面左右の点滅ランプに体感器を同調させます。同調作業が終われば次は天国モードの判別作業をするのですが、アタッカーが閉じた時に液晶画面に花火が6発上がりますが、この5発目のタイミングで体感器のボタンを押し、天国モードなら体感器が長いリレー音で教えてくれます。毎ラウンドチャンスがあるので、どこかで天国モードの合図が出れば、その後最終ラウンドまで9個入賞でアタッカーをフルオープンさせることで天国モードを継続することができました。最終ラウンドが終われば、液晶上部の春一番と書かれたランプの点滅パターンで天国モードの判別ができました。



■アレパチパワフル 連チャン打法 1993年

 アレパチパワフル

この攻略法は難易度が極めて高く、一部のプロにしか実戦できなかった方法です。そのため台も比較的長い期間設置され、実戦可能な一部のプロにとっては非常に稼げる攻略法でした。ではその攻略法ですが、この台は60%の確率で連チャンしますが、それが内部的に0.06秒と0.04秒で振り分けられており、この0.06秒を狙ってハンドルのアースに触れるか精算ボタンを押すことで連チャンさせることが可能でした。このタイミングの取り方には2種類あり、デジタル下の8個のLEDランプもしくは台左上の2倍ランプの点滅を見て取ることが可能でした。



■野球拳 連チャン打法 1993年

 野球拳

この台は保留玉連チャン機で、この保留玉連チャンを体感器によって狙うことができました。やり方ですが、まず最初に自力で大当りさせて連チャンタイミングをとります。次に大当り中のアタッカーフルオープン時のタイミングが連チャンタイミングと同調しているため、15回あるチャンスのどこかで連チャンタイミングと一致すれば、以後のアタッカーを全て9個入賞でフルオープンさせることで連チャンさせることができました。この連チャンタイミングと一致する確率は20%なため、15回あるチャンスの中で大体どこかで一致させることができました。



■エスケープ2 大当り直撃打法 1993年

 エスケープ2

約2.24秒で大当り周期があり、その大当り周期を体感器を使って狙い打ちすることで大当り確率を上げることができました。また通常体感器を使用した攻略の場合、1回目の大当りを自力で引いて大当りポイントを探す必要があったのですが、この台は小デジタルを1度回すだけで大当り位置が分かるため、初当りまでの時間と投資が不要でした。



■アメリカンドリーム2 連チャン打法 1993年

 アメリカンドリーム2

通常時は保留ランプ4つ目を点灯させず、大当り後Vゾーンに入賞してから保留ランプ4つ目を点灯させることで、約40%の確率で連チャンが可能でした。



■ソルジャー 連チャン打法 1993年

 ソルジャー

3・7で大当りすると連チャンモードに突入し、以後3・7の大当りまで継続する仕様になっていましたが、3・7の大当り時の16ラウンド目に1個も入賞させずにエラーを発生させることで、高確率で連チャンモードを継続させることができました。
ただし攻略法発覚後は、エラー発生で攻略法を使用していることが分かるため、エラーが発生したら出玉没収あるいは電源を落とすなどの対策で終結しました。



■CR黄門ちゃま2 大当り直撃打法&ゴト 1994年

 CR黄門ちゃま2

4.845秒周期で大当りの集中しているポイントがあったため、これを狙った体感器攻略が可能でした。普通に打っている人の約1/4の投資ですみ、確変突入率は1/3で2回ループなため、攻略の威力は非常に大きかったです。またこの他にも、下皿からセルと呼ばれる道具を突っ込み、確変時に開きやすくなる「開」と書かれた小さなアタッカーを開けるゴトも流行りました。そこに入賞するとデジタルが回るため、この二つの攻略法を併用することで攻略法の威力を格段に上げることが可能でした。



■アレンジマン 連チャン打法 1994年頃

 アレンジマン

大当り抽選方式が大当り確率1/16の天国モードが1個と、大当り確率0/16の地獄モードが15個の計16個のモードで形成されており、大当りを引いたら体感器を使ってモード移行しないように天国モードで打ち続けることがポイントでした。天国モードは約1.5秒周期で動作していて、その中に0.1秒間だけ大当りポイントが存在しましたが、その大当りポイントのすぐそばに0.05秒間のモード移行ポイントが存在したため、いかにモード移行しないように大当りポイントを狙うかが重要でした。



■CRバカづき浜ちゃん 大当り直撃打法 1994年

 CRバカづき浜ちゃん

この台には3種類の攻略法が存在しましたが、ここではその一つである2,4と言われていた方法について紹介します。普通に打ち出しを開始し、中デジタルに2or4が出るのを待つ。2or4が出たらそのゲームを消化する。次のゲームから数えて5ゲーム目が始まり、玉が8発飛んだ所でハンドルから4秒だけ手を離す。すぐにハンドルを握り、9発目からは普通に打ち始める。次のゲームからは中デジタルに6or8が出るまで普通に打ち、6or8が出たら次のゲームから数え、3ゲーム目の12発まで打ち2秒だけハンドルから手を放す。13発目からは普通に打ち、そのまま打ち続けるとデジタルが10周回るくらいの間に1度ハズレリーチが出るので、それがセット完了の合図です。たまに遅くなることがありましたが、合図のリーチが出るまで指定場所以外はハンドルから手を離してはダメです。もし手を離したり指定場所で離す秒数を間違えた時は、一度ハンドルから手を離して最初からやり直します。



■キューティーバニー 連チャン打法 1994年

 キューティーバニー

3回セットの権利物だったため、連チャン効果の非常に高い台でした。やり方としては、大当り3回目の最後ラウンドで10個以上玉を入賞させることで、内部的にエラーを発生させ、これによって次回大当り確率をアップすることができました。



■ギンギラパラダイス 電波ゴト&大当り直撃打法 1995年

 ギンギラパラダイス

この台が導入され始めた頃に携帯電話が普及し始めましたが、一部の携帯電話において、携帯を台に近付けて発信しそれを切ることで、台の保留ランプを全て点灯されることができました。その後、これをきっかけに体感器と一体化した電波発信機が作られ、大当り周期に合わせて電波を発信して大当りさせるという驚愕の方法が確立しました。



■CR大工の源さん 電波ゴト&大当り直撃打法 1995年頃

 CR大工の源さん

この台もギンパラと同じように、大当り周期に合わせて電波を発信することで簡単に大当りさせることができました。しかも電波によって保留ランプ全てを同じタイミングで点灯させるため、最初の保留で大当りすれば残り3つの保留ランプも全て大当りしました。



■マジカルランプ 大当り直撃打法 1995年

 マジカルランプ

この台は1.559秒の中に0.24秒間大当り乱数の集中している箇所があるため、それを狙った体感器攻略が可能でした。また大当り乱数のそばでのみハズレリーチが発生する仕組みのため、初当りを引かなくても大当り位置を特定することができました。



■CRそれゆけ浜ちゃん2 連チャン打法 1995年

 CRそれゆけ浜ちゃん2

確変中の玉の入賞を2個までに抑えておき、リーチ後、2鳴き・4鳴き・5鳴きの時は玉を打ち続けますが、3鳴きの時は手を離しデジタルの回転をストップさせます。2鳴き・4鳴きは2回転目で7が、5鳴きは5回転目に7が、3鳴きの時は2回転目に3が50%、7が50%で揃ってしまいました。



■CRモンスターハウス 連チャン打法 1996年

 CRモンスターハウス

この攻略法は某テレビ番組でも紹介されたため有名になりましたが、自力で大当りを引いた後、約2秒周期の確変ゾーンを体感器を使って狙い打つことで連チャンが可能でした。体感器を使わなくても台上の複数のランプの点滅を見て行う方法もありましたが、これは非常に高いテクニックが必要でした。



■ホー助くんDX V直撃法&V入賞率アップ打法 1996年

 ホー助くんDX

この台には2種類の攻略法が存在しましたが、ここではその両方を紹介します。まず一つ目は、大当り後下皿から玉を抜かずに詰まらせると、回転体のハズレ穴(4箇所)から玉があふれてきます。そのときに通常ルートから入賞されると玉はハズレ穴に入らず全てV穴に誘導されるため、大幅に大当り確率を上げることができました。二つ目は回転体のV穴に合わせて2個打ちすることで、高確率でV穴に入賞させることができました。



■CR海底天国 大当り出玉倍増法 1998年

 CR海底天国

大当り後、下皿から玉を抜かずに詰まらせるとアタッカーに玉が溜まってきます。そうするとアタッカーが閉じずに開きっぱなしになるので、その間にできるだけ多くの玉をアタッカーに拾わせます。いっぱになったら下皿の玉を少しだけ抜いて、一度アタッカーの玉を全部入賞させて払い出しさせます。以後この作業を繰り返すことで、1回の大当りで約4000発の出玉を得ることが可能でした。



■CRひとみの料理教室2 連チャン打法 2001年

 CRひとみの料理教室2

この台にはセット打法が存在しましたが、プログラムのバグではなくメーカー内部の人間による仕込みで、基盤番号の最後に「i」が付いている台のみ有効でした。攻略法発覚後すぐに台は撤去され、仕込んだメーカーの関係者は逮捕される事態になりました。



■CR天才バカボン 回転率アップ打法 2001年

 CR天才バカボン

台が手前に傾いていないとなかなかできなかった方法ですが、チョロ打ちし左下の「!」文字と松の間に玉を引っかけブドウが完成すると、松の賞球口に玉が誘導されて持ち玉が減らないため、1,000円で100回転以上回すことも可能でした。



■CR忠臣蔵 回転率アップ打法 2002年

 CR忠臣蔵

チョロ打ちをすることで面白いようにスタートチャッカーに入り、回転率を大幅にアップすることができました。また左側が殺されても、ゴムに当らないように右打ちすることで同様の効果を得ることができました。



■CRエキサイトラッシュ V直撃打法 2004年

 CRエキサイトラッシュ

右回転体の軸(中心が赤色の部分)を凝視し、約3.5秒間隔でカクッという感じの違和感や汚れや傷がブレるなど、何らかの変化が確認出来る台を探します。該当する台を見付けたらデジタルが揃うのを待ち、ブレに合わせて打ち出しを開始します。その時のV穴位置を確認し、ブレた時の当り位置からV穴が真上に近いタイミングを推測します。次回のデジタル揃いからはブレを基準にタイミングを合わせ、V穴が真上に近い辺りで直撃を狙うことができました。



■CRアレパチ連発おはな V入賞率アップ打法 2004年

 CRアレパチ連発おはな

デジタル当選後、あるいは大当り終了後に「連発チャンス」に突入するので打ち出しを停止します。次に役物の可動橋が1番手前から奥へ動き出した瞬間にチョロ打ちします。役物に入るまでは単発打ちし、タイミングが合えば可動橋に拾われてV入賞しました。



■CR湘南爆走族 V入賞率アップ打法 2006年

 CR湘南爆走族

チャレンジモード及び爆走モード中は羽根が開いてV穴のある回転体に玉が流れるのですが、羽根に玉を拾わせなければチャレンジ回数にカウントされないため、いい位置にVゾーンが来たときのみ打ち出しをすることで、連チャン率を大幅にアップさせることができました。



■CRアラジンデスティニー V入賞率アップ打法 2007年

 CRアラジンデスティニー

液晶大当りと役物大当りがあり、液晶大当り後にアラジンチャンスに突入し役物ゲームがスタートします。アラジンチャンス中はスルーを狙い、スルー通過で開放する電チューに玉が入賞すると羽根が開放し、羽根に拾われた玉が回転体の振分けをクリアしVゾーンに入賞すれば大当りとなります。その際に、スルーを通過したら電チューに合わせて羽根が開く瞬間に弱め打ちをして、羽根の拾い玉数を増やすことで連チャン率を上げることができました。



■CRターミネーター2 V入賞率アップ打法 2008年

 CRターミネーター2

この攻略法は少々複雑なため簡潔に解説させて頂きます。
1. 保留を点灯させない様にデジタルを消化する。
2. 大当たり絵柄が揃ったら玉を打ち出さないで「右打ち」の表示が出るのを待つ。
3. 右打ちの表示が出たらすぐにスルーへ玉を通過させる。
4. 1秒後に電チューが開放するので電チューを狙う。
5. 電チュー入賞直前に羽根に拾われやすいストロークへ変更する。
以後、3.〜5.を繰り返すことで大幅にV入賞率をアップすることができました。



■CRくらげっち V入賞率アップ法 2008年

 CRくらげっち

攻略法ではなく油ゴトによりV入賞率を上げることが可能でした。油ゴトというのは玉に油を塗って打ち、玉とクルーン等の役物との摩擦係数を変えることによってV入賞率を高めるというものです。ホールからすると、玉、盤面、補給路等が油で汚されるため即撤去になりました。



■CR蒼穹のファフナー 連チャン打法 2009年

 CR蒼穹のファフナー

この台には複数の攻略法とゴトが存在したようです。攻略法の一部を紹介すると、液晶図柄当たり後の左役物(ベロ)に玉を入れる時に止め打ちしてタイミングをとることで高確率で入賞可能なため、上手い人が実戦すれば確変中の10回チャンスでほぼ当ることができました。その他にも攻略法がいくつか存在し、実戦した人の中には1週間で100万円以上勝つ人もいました。



■CRベノムの逆襲 回転率アップ打法 2010年

 CRベノムの逆襲

通常時の右打ちと連チャン中の止め打ちで攻略可能でした。特に右打ちは有効で、導入当初は1,000円で25〜30回転以上回る台もざらにありました。当然ホールもすぐに気付いて釘を閉めたり右打ち禁止等の処置をとって対応していましたが、結局すぐに撤去されホールから消えてしまいました。



パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

機種別攻略画像6機種
機種別攻略画像7機種
機種別攻略画像その他