パチンコの勝ち方

パチンコ攻略法

- パチンコの勝ち方と台選びを紹介 -

パチンコ攻略法!最強5点セットTOP

朝一からの台選び

朝一からの台選びは当日のデータがない分少し難しいのですが、ただ優秀台を掴めたときの勝ち額は夜から打つ場合より大きいので、是非参考にして頂けたらと思います。

例えば下図のように同じ台が40台設置されているホールがありましたら、色の付いている台の中から遊技台を選ぶことで勝率を大幅にアップできます。
(※1列20台or10台設置の場合も同じです。)

  台の配置

その理由ですが、色の付いている台はホールが優秀台を設置する確率が高く、平均的なデータとしては、青台>赤台>緑台>黄台の順で優秀台がよく設置されます。
ただ勘違いしないで頂きたいのですが、どのホールも青台によく優秀台が入るというわけではありません。
各ホールの経営方針によって優秀台の入りやすい台に違いがあるので、その癖を事前に見抜いておくことが重要で、その癖が強いホールほど勝ちやすいホールといえます。

またこのパターンは新台導入直後で台がお客で埋まっているときと、導入から数ヶ月経ってお客がパラパラなときで変わってくる場合が多いので注意してください。
例えば新台導入直後は角台を殆ど出さず、客付きが悪くなってきたら角台を出すホールは多いです。

ではホールが色の付いている台によく優秀台を入れる理由ですが、下記に色別で解説したのでご覧ください。

【 青台をよく出す理由 】
青台(中央台)は殆どのホールにある中央分離帯のすぐ隣の台のことで、この台をよく出す理由としては、左右の主通路からよく見える点と、主通路近くの台を主に回収台にしたいと考えている場合によく出します。
また出ている台の隣では打ちたがらないお客が多く、一般的に両隣の台は稼働率*が下がりますが、中央台の場合は中央分離帯があるため隣接する台が1台なので、そういった理由で中央台を出すホールは多いです。
(*稼働率とは営業時間に対する人が打っている時間の割合のこと。)

【 赤台をよく出す理由 】
赤台(角台)は主通路を歩くお客から最もよく見えるため、出玉アピールとその島への誘引効果を目的としてよく出します。
しかも角台は中央台と同様に隣接する台が1台でマイナス面が小さいので、そういった理由で角台を出すホールは多いです。
ただし角台は島の中で最も客付きが良いので、あえて回収台にしているホールも多いので注意してください。

【 緑台をよく出す理由 】
緑台(角3)をよく出すホールというのは角台を回収台としているホールが多く、角3を出すと両隣の角2と角4の客付きは悪くなりますが、最も回収したいと考えている角台の客付きは悪くしないで済むというメリットがあります。

【 黄台をよく出す理由 】
黄台(角2)をよく出す理由は、島の中でも特に客付きの悪い角2を出して全体の稼働率を上げたいと考えているホールがこの台をよく出します。
しかも角2は主通路からもよく見えるため、その島への誘引効果としても期待できます。

あと上記で解説した台以外にも、角4や中央台の隣の台(灰色の台)をよく出すホールもあるので、上記の台でよく出す台が見当たらないときは灰色の台も調査してみてください。

またホールがよく出す台は左右均等ではなく、片側の通路に集中することが多いので、その辺りも見るようにしてください。
例えば主通路A側をよく出して、主通路B側はあまり出さないといった感じです。
これもホールの経営方針によって違いがあり、宣伝効果を優先して人通りの多い側をよく出すホールもあれば、逆に人通りが少なく稼働率の低い側をよく出すホールもあるので、事前調査で見極めておけば勝率の大幅アップにつながります。

最後に、朝一からの台選びの方法は他にもあり、もっと簡単な方法強力なものもあるんですが、ここではその一つを紹介させて頂きました。
他の方法も知りたいと言われる方は、下記ボタンから商品購入を検討して頂けたらと思います。



パチンコ攻略商品のご案内




夜からの台選び

夜から打つ場合の台選びは、当日の優秀台を選ぶことで勝率を大幅にアップできます。
みなさんの中には優秀台はもう出尽くしていて、もうそんなに出ないだろうという考え方の人もいますが、それは間違いで、「優秀台だからまだまだ出る可能性が高い」という考え方が正しいです。

それでは優秀台の探し方ですが、単純に大当り回数の多い台を選んでしまうと、たまたまその日朝からずっとお客が打ち続けていたり、出玉の少ない大当りに偏ったりして、実際は優秀台でない場合もあります。
そこでお薦めするのがスランプグラフ(状態推移グラフ)を見て判断する方法で、スランプグラフはデータロボや台上のデータ機で見ることができ、一般的なデータロボとしては下画像のようなものがあります。


    データロボ1     データロボ2


操作方法はタッチパネル式で、台番号を指定すれば下画像のようなスランプグラフを見ることができます。


●グラフA

スランプグラフA


●グラフB

スランプグラフB


スランプグラフの見方ですが、縦軸が入出玉数で、横軸が打ち込み玉数を表します。
よって打ち始めは必ず入出玉数が0のところから始まり、線が右斜め上のときは大当り中で出玉が増えている状態で、線が右斜め下のときは通常時になります。
等価店の場合には、線の最後が中央ラインよりも上にあれば客側のプラスで、下にあればマイナスになります。
よってグラフAとグラフBを比較した場合、線の最後が中央ラインよりも大きく上に位置するグラフAは優秀台で、大きく下に位置するグラフBは不調台になります。

あと台選びのポイントとして、同じ優秀台であっても、下降気味の台よりも上昇気味の台を選ぶようにしてください。
例えば下のグラフCとグラフDの台はどちらも優秀台ですが、グラフCのように出玉のピークを過ぎたと思われる台での遊技はお薦めできません。
グラフDのような、これからまだ出玉の伸びそうな台を選ぶようにしてください。


●グラフC

スランプグラフC


●グラフD

スランプグラフD


ちなみにグラフAの台も、まだまだ出玉が伸びそうなので打ってみる価値があります。
このようにスランプグラフは台選びの重要なデータとなるので、行きつけのホールにデータロボがある場合には必ず利用するようにしてください。

最後に、夜からの台の選び方は他にもありますが、ここではその一つを紹介させて頂きました。
他の方法も知りたいと言われる方は、下記ボタンから商品購入を検討して頂けたらと思います。



パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

機種別攻略画像6機種
機種別攻略画像7機種
機種別攻略画像その他