パチンコ止め打ち集

パチンコ攻略

- 出玉&回転率アップに繋がる止め打ちを紹介 -

パチンコ攻略最強5点セットTOP

止め打ち集

■ステージ乗せ止め打ち

今のデジパチには殆どの機種でステージが存在しますが、機種によってはステージに玉が乗ったら打ち出しを止めることで回転率を上げることができます。
(※ステージとは液晶画面下にあるヘソへ玉を誘導する演出部のことです。)
その理由ですが、ステージ構成によっては2個以上の玉がステージに乗ってしまうと、玉同士がぶつかりあってヘソへの誘導を阻害してしまうことがあります。
またヘソに入賞する直前に、通常ルートから流れてきた玉に弾かれて入賞し損なうことがよくありますが、打ち出しを止めることでこれらの欠点を取り除くことができます。

ただし、このステージ乗せ止め打ちの効果は機種によって異なります。
例えばステージに玉が乗ってからヘソへ玉が誘導されるまでの時間が短い機種の場合、打ち出し停止が間に合わず通常ルートからの玉が入賞を妨げてしまい、止め打ち効果を上げられない場合もあります。
よって初めて打たれる台ではこれらの点をチェックして、少しでも効果がある場合には是非止め打ちを行ってください。


■電サポ中の止め打ち

現在の一般的デジパチは、確変中及び時短中は玉が減らないように電サポが付いています。
この電サポは、同じ開閉時間で3回〜4回を1セットとして繰り返す単純なものから、開閉時間も違えば開閉回数も異なる複雑な組み合わせからなるものもあります。
このときに、電サポの閉じている間に玉を打ち出さないようにすることで、無駄玉を節約して他人よりも多くの出玉を得ることが可能になります。

止め打ち効果は電サポの閉じている時間の長い機種ほど高くなりますが、最近の台は止め打ち効果を低くするために時間を短くしたり、複雑な開閉パターンで止め打ちを難しくした機種が増えています。
またスルーの釘が悪く途中で電サポが途切れてしまうような場合は、止め打ち効果は低くなるので注意が必要です。
よって止め打ち初心者の方が実戦される場合は、電サポが3回〜4回の開閉を1セットとして繰り返す単純な機種で、セット間のみ打ち出しを止める簡易止め打ちから実戦してみてください。

ただこの止め打ちの難しい点として、電サポが閉じてから打ち出しを止めるのはタイミング的に遅過ぎます。
これは一例ですが、3回開閉1セットの機種でセット間のみの止め打ちを行う場合、電サポの2回目が閉じるタイミングで打ち出しを止めて、電サポの3回目が閉じるタイミングで打ち出しを開始するくらいがタイミング的に合います。
各機種の止め打ち情報は機種別攻略情報に記載していますので、そちらを参考に実戦して頂けたらと思います。


■保留ランプ止め打ち

これはご存知の方は当然のようにされている方法ですが、保留ランプの4つ目もしくは3つ目が点灯したらストップボタンを押して打ち出しを止め、無駄玉を使わないようにする方法です。
具体的なやり方としては、保留4止めの場合は、保留ランプが4つ点灯したらすぐに打ち出しを止め、保留ランプの点灯が3つになったら打ち出しを再開します。
保留3止めの場合は、保留ランプが3つ点灯したらすぐに打ち出しを止め、保留ランプの点灯が2つになったら打ち出しを再開します。

保留4止めと保留3止めにはそれぞれ長所と短所があり、時間的に余裕がなく、回転速度重視で打ちたい場合には保留4止めがお薦めで、時間的に余裕があり、回転速度は気にしないのでとにかく回転率重視と言われる場合には保留3止めがお薦めです。
ちなみに当方のお薦めは保留3止めです。

またパチンコをされる方の中にはオヤジ打ちの方がいますが、これは最もやってはならない打ち方で、保留3止めと比較すると千円あたり3回転以上回転率が悪くなるので、必ず止め打ちをするように心掛けてください。
(※オヤジ打ちとは常に打ちっぱなしの打ち方です。)



パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

機種別攻略画像6機種
機種別攻略画像7機種
機種別攻略画像その他