パチンコ台が回らない原因

パチンコ攻略法

- パチンコ台が回らない原因と対策を解説 -

パチンコ攻略法販売TOP

台が回らない原因と対策

みなさんパチンコを打っていて、最初良く回っていた台が徐々に回らなくなった経験はないでしょうか?
これにはちゃんと理由があり、短い周期の場合には単に確率の偏りの可能性が高いですが、長く続く場合には下記のような原因が考えられます。


【 台が回らない主な原因 】

1. 手の油や皮脂が玉に付着し、それによってストロークがバラつき回転率が下がる。
2. 玉の温度が変化して、それによって跳ね方が変化して回転率が下がる。
3. 室温や湿度が変化して、それによって跳ね方が変化して回転率が下がる。


【 原因の詳細と対策法 】

次にこれらの原因と対策について詳しく解説しますが、まず1.は出玉を箱積みするホールでよく起こる現象で、玉を上皿に載せる際に手の油や皮脂が付着し、それが原因でストロークのバラつきが大きくなったり玉の跳ね方が変化して回転率が下がります。

対策としては台上にある計量カップを使って玉を上皿に載せることで回避できますが、もしホールに計量カップが無い場合は、自前のカップを用意するか、手袋をして玉を載せることで回避できます。

次に2.の玉の温度変化による影響ですが、みなさんの中には玉の温度が変わるとそんなに入賞率って変わるの?と思う人もいるでしょうが、羽根物や昔の一発台などでは玉の温度による大当り率の変化は大きく、この事を知っているか知らないかで勝率に大きく影響しました。
玉の温度変化は台からの出玉自体の温度が変わってしまうケースと、箱積みされた玉の温度が時間の経過と共に変化し、その玉を使用することで起こる2通りのケースがあります。
基本的に玉の温度は高い方が回転率は良いのですが、箱積みするホールの場合、大当りして持ち玉遊技になると後に使う玉ほど温度は低くなるので、これが原因で回転率が下がることはよくあります。

対策としては、まず台からの出玉自体の温度が変わるケースは対策が難しく、休憩を取るなどして時間を空けてみるくらいしか手がありません。
次に持ち玉の温度が下がるケースですが、これは大当り後にできるだけ休憩を取らずに打ち続けたり、ホールが等価店であれば、回転率が下がってきたら箱積みされた持ち玉を使わずに現金で貸し玉を利用することで回避できます。
(注:等価店以外で持ち玉があるのに貸し玉を利用するのは、換金差分損をするので絶対にしないでください。)

最後に3.の室温や湿度の変化による影響ですが、これに対する対策は困難なのが現状です。
ただし大型店や最近できたホールの場合、空調設備の整っているところが多く一日の室温や湿度変化が小さいため、さほど気にする必要はありません。
ご自身の行かれるホールが昔ながらのホールで、室温の変化が大きかったり、時間帯によって回転率に差がある場合には遊技時間を検討する必要があります。


以上のような原因で回転ムラはよく起こるのですが、上記の対策を講じても改善されない場合、ストロークを調整して回転率の上がる場所を探ってみてください。
ただしストロークを変えるということは、回転率が下がる前のベストストロークから外れるわけですから、遊技中に原因が自然に解消されてしまうと、今度は悪いストロークで打ち続けてしまうことになるので注意が必要です。



最後までお読み頂き有難うございます。
当方ではヤフオク良評価率99.5%の人気攻略商材の販売も行っております。
安心のヤフオク購入にも対応していますので、興味をもたれましたら下記ボタンからご購入の検討をお願いします。




パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

パチンコ攻略機種1
パチンコ攻略機種2
パチンコ攻略機種3
パチンコ攻略機種4