羽根物攻略法

パチンコ攻略

- 羽根物の攻略テクニックを徹底解説 -

パチンコ攻略最強5点セットTOP

羽根物攻略法

みなさんは羽根物を打たれたことがあるでしょうか?
今はどのホールもデジパチがメインで羽根物を設置いているホールは少ないですが、昔は羽根物とデジパチがホールの2大看板機種で、羽根物がホールの3割〜4割を占める時代がありました。
ただ羽根物は台価格は安いもののデジパチと比較して回収率が低く、またお客も羽根物で少額勝負よりもデジパチで一発大きくみたいな流れがあったため、徐々に衰退していく結果になりました。
そんな羽根物ですが、今でも「CRAトキオプレミアム」や「CRA祭りだ!サブちゃん」などの人気機種がホールに設置されています。

CRAトキオプレミアム
CRAトキオプレミアム


CRA祭りだ!サブちゃん
CRA祭りだ!サブちゃん



ここではその羽根物の攻略法について紹介したいと思います。
まず羽根物攻略で大事なポイントですが、これには大きく分けて2つあります。
まず1つ目は「釘」で、もう1つは「役物の癖」です。
ただ釘に関しては、羽根物の場合機種によって見るポイントが異なります。
そこで釘に関しては、羽根物攻略釘講座のサイトを参考にして頂けたらと思います。
こちらのサイトでは画像を用いて詳しく解説していますので、打ちたい機種が載っていなくても釘の基本が分かればあとは応用で対応できます。
ただ釘に関して一つアドバイスさせて頂くと、初心者の方は1チャッカー釘や2チャッカー釘が最も重要だと思われている方が多いですが、実は羽根物の場合、羽根に玉を誘導する寄り釘の方が重要なので覚えておいてください。

次に役物の癖に関してですが、全て同じように作られている役物も、製造誤差台の寝かせ(傾斜)によってV穴に入りやすい台と入りにくい台があります。
例えばトキオプレミアムの場合、台によってスペシャルルートからの入賞率やノーマルルートからの入賞率に大きな差がありますし、祭りだ!サブちゃんの場合、スペシャルルートに行きやすい台と行きにくい台があります。
この役物の癖の良し悪しは釘よりも重要な場合が多いので覚えておいてください。

では次に羽根物を打つ際のストロークですが、これはぶっ込み狙いが基本です。
このぶっ込み狙いでほぼ全ての台に対応できますが、ぶっ込みのど真ん中を狙うのが常にベストなストロークとは限りません。
微妙な違いですが、玉半個分弱めのストロークがベストな場合も多々あります。
また羽根が玉を拾わなくなってストロークを大きく変える人がいますが、これはあまりお薦めできません。
玉を拾わなくなる原因は後述するハマリによるケースが殆どなので、そちらを参考にしてハマリを回避してください。

次に大当り中の出玉を増やす方法ですが、ラウンド間の羽根やアタッカーの閉じている時間の長い機種では、打ち出しを止めて無駄玉を使わないようにしてください。
最近の台はラウンド間の短い機種が多いですが、少しでも効果があれば必ず実戦してください。
やり方ですが、1ラウンド10カウントの場合、各ラウンド最後の10個目の玉を羽根が拾った瞬間にストップボタンを押して打ち出しを止め、羽根が開き始める少し前に打ち始めるようにしてください。
このタイミングの取り方ですが、液晶画面の動きや音声で取る方法があります。
また頭の中で数を数えてタイミングを取る方法もありますが、正確に実戦したい場合は前者のやり方をお薦めします。

次に羽根物を打たれる方なら何度も経験があると思いますが、台の「ハマリ」について解説します。
ハマリはデジパチにもありますが、羽根物のハマリとはちょっと異なります。
以下に「ハマリの原因」と「ハマリの回避方法」についてまとめましたのでご覧ください。


【ハマリの原因】

1. 長時間打つと釘の状態が変化し、玉の跳ね方が変化して玉を拾わなくなる。
2. 台から供給される玉の温度変化により、役物内での玉の転がり方や跳ね方が変化してV穴に入らなくなる。または玉の跳ね方が変化して羽根が玉を拾わなくなる。
3. 室温または湿度が変化し、役物内での玉の転がり方や跳ね方が変化してV穴に入らなくなる。または玉の跳ね方が変化して羽根が玉を拾わなくなる。
4. 羽根の開閉する力が弱くなりV穴に入らなくなる。


【ハマリの回避方法】

1.は打つのを止めて釘を休ませるのが一番ですが、その時間に関しては1分、3分、5分、10分と様々な説があります。
私はいつも5分くらい釘を休めるようにしていますが、これでほぼ回避することができます。
もし休憩をとっても改善されなければ2.や3.による影響が考えられますので、下記を読んでそれぞれに対応した処置をとってください。

2.のハマリはよく起こるハマリで、最初よく大当りしていた台が大当りしなくなったり、逆になかなか大当りしなかった台が大当りしやすくなるのは、この玉の温度変化による影響が大きいと考えられます。
このハマリに入るパターンとしては2種類あり、持ち玉の温度が下がってハマリに入るケースと、台から供給される玉の温度が下がってハマリに入るケースがあります。
まず前者の場合の対応ですが、これは自力で大当りを引いて温度の高い玉を供給してもらうしかありません。
またこのような状況のときは、休憩はできるだけ取らずに打ち続けるようにしてください。
次に後者の場合ですが、これはそのときの時間帯によって対応が異なります。
夜8時前の場合は、一時的な温度低下の可能性が高いので、そのまま打ち続けるか休憩を取ります。
夜8時後の場合は、閉店にかけて徐々に温度が下がっていく可能性が高いので、切りの良いところで止められることをお薦めします。

3.のハマリですが、これはホールによってハマリの度合いが異なります。
大型店や最近できたホールの場合、空調設備の整っているところが多く一日の室温や湿度変化がさほど大きくありませんが、昔ながらのホールは室温や湿度変化が大きく、それによるハマリも大きくなります。
このハマリの対策としては、まずは食事休憩などを取ってできるだけ長時間打たないようにすることです。
私の経験で、夏の季節に昼の2時くらいまでに6箱出た台が、室温の上昇とともに徐々に大当りしなくなり、夕方6時くらいまでに2箱減ってしまったのですが、その後室温の低下とともにハマリが解消され、最終的に10箱出したことがあります。

4.のハマリですが、これは電気的な要因(電圧変化)によるものと開閉装置の疲労によるものがあり、昔の台は羽根から直接V穴に入賞する機種(飛行機タイプ)が多かったため、羽根の開閉する力が弱くなって入賞率の下がることがよくありました。
ですが最近の台は、開閉する力にあまり関係のない機種が多いので以前程気にしなくていいのですが、トキオプレミアムや祭りだ!サブちゃんの場合、これが原因でスペシャルルートへの誘導率が下がることがあります。
このハマリに入ったときの回避方法ですが、電気的な要因によるハマリの方は電圧が変わるのを待つしかなく、即効性のある対策はありません。
また開閉装置の疲労によるハマリの方は、休憩を取れば一時的に回復しますが、少し打つとすぐに同じハマリに入るケースが多く、やっかいなハマリと言えます。

ハマリというのは以上のように個々の原因で起こるケースと相互に関連して起こるケースがあり、完全に対策することは不可能です。
これはパチンカーの長年の経験とホールごとの情報を元に、ケースバイケースで対応していくしかありません。

最後に羽根物を打つときの注意事項として、優秀台を確保したらできるだけ粘るようにしてください。
見ていると、まだまだ出るのに少しのハマリで止められる方が多いです。
確率の偏りというのは必ずあります。
玉をよく拾うのに運悪く大当りしなかったり、大当り時の抽選でたまたま1〜3ラウンドばかりを引いてしまうことはよくあります。
羽根物はデジパチほど出玉に波がないので、ローリスクで玉を増やせます。
羽根物は優良ホールを選び、釘がある程度読め、台ごとの癖を知っていればデジパチよりも安定した収支が得られます。
優良ホールの条件としては下記のような点が挙げられます。

  • 無制限営業である。
  • 羽根物の設置台数が多い。
  • 2〜3箱以上積んでいる人がいる。

台ごとの癖は最初は覚えるのに時間がかかりますが、全て分かるとある程度狙い台が絞れてきます。
ホールにデータロボがあれば、大当り確率の比較で癖の良し悪しがある程度分かります。
(※台上のデータ機で分かるものもあります。)
羽根物は勝てるときにトコトン勝つのがお薦めなので、「今日はこれだけ勝ったからもういいや…」などとは思わず、優秀台に座り安定した出玉があるときは時間の許すかぎり打ってください。



パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

機種別攻略画像6機種
機種別攻略画像7機種
機種別攻略画像その他