ウルトラマンタロウ2 攻略

パチンコ攻略法

- ぱちんこ ウルトラマンタロウ2 最強攻略5点セット -

パチンコ攻略法販売TOP
ぱちんこ ウルトラマンタロウ2 攻略

ぱちんこ ウルトラマンタロウ2

◆人気ユーチューバー桜鷹虎さんの実戦動画です。

 

仕切りライン

勝率激UP攻略情報


スペック&特徴
本機はまだ調査中ですが、ここまでで分かったことを紹介します。
まずスペックですが、本機は大当り確率1/319.9の1種2種混合機で、初当り(ヘソ当り)は振り分け無しで必ず2R(300個)の当りとなります。
その後ウルトラバトルチャンスに突入し、約1/9.2の当り確率を6回転で引くことができればウルトラバトルボーナスとなり、約1600個の出玉を獲得できます。
その際電チュー入賞での振り分けは10R+時短900回転が81%、10R+時短なしが19%となっており、前者の81%を引けばウルトラバトルモードに突入し、後者の19%を引けば大当り終了後に通常に戻る仕様になっています。

本機の特徴としては、大当り時に通常のアタッカー賞球の他にタロウチャッカーによる賞球がプラスされる点で、現行では1回の大当りで払い出される玉は最大1500個となっていますが、これにタロウチャッカーでの平均賞球数100個を加えることで、約1600個の出玉を獲得することができます。
また本機は大当り中の消化速度が速く、次回大当りまでの平均時間は約30秒、1時間あたりの出玉性能は約4万5千発となっています。

◆機種詳細情報
ぱちんこ ウルトラマンタロウ2 公式サイト


朝一攻略
それでは攻略情報ですが、まず朝一からの遊技の場合、100回転を目安に遊技してください。
100回転までに初当りを引いてウルトラバトルモードに突入し、合計で5連以上すれば優秀台の確率は高くなります。
本機は朝一100回転以内に初当りを引いてそれが大連チャン(10連以上)するケースが多いので、1台で粘るより複数台を100回転ずつ回す立ち回りが有効です。
ただし朝一で大連チャンした台は、その後出玉が伸びないケースが多いので注意してください。
設置台数の多いホールの場合、「朝一での台選び」を参考に遊技台を決定すれば、優秀台を掴める確率が大幅にアップするのでご利用ください。


ハイエナ攻略
次にハイエナで狙う場合ですが、当日の優秀台で大当り後の浅い回転数で止めている台を狙い、100回転までを狙うのが最も初当り確率が高いです。
(※優秀台の選び方は「ハイエナでの台選び」を参考にしてください。)
ちなみに250回転まではチャンスゾーンなので、特に優れた優秀台の場合や、他に狙い台がない場合にはこの回転数まで狙ってみるのも有効です。


その他の攻略情報
次にその他の攻略情報ですが、本機は500回転を超えるとどこまでハマるか分からなくなり、また500回転辺りが遊タイム狙いで期待値がプラスになる境界線なので、500回転を止める際の一つの目安にしてください。
中途半端な回転数で止めてしまうとハイエナされてしまうので、もし500回転以降も遊技を続ける場合は、遊タイムまで追いかけることを前提に遊技してください。
あと本機はウルトラバトルチャンスを何度も連続で突破できなかったり、逆に何度も連続で突破できたりと、偏りが起こりやすい台なので注意してください。


遊タイム狙いの攻略
本機は遊タイムが搭載されているので、ハマリ台を狙って当日もしくは宵越し狙いで期待収支をプラスにできます。
遊タイムは大当り間950回転の消化でウルトラバトルモード(時短999回転)突入となり、大当り期待度はほぼ100%です。
天井期待値がプラスになる条件としては、3.57円交換店で台の回転率が千円15回以上の場合、遊タイムまで残り450回転以下が目安になります。
あと本機は朝一50回転目に「スエオ(犬キャラ)」が画面に出現すると、そこから319回転以内に遊タイム突入となります。
(※遊タイムに関する詳細は「遊タイム狙いの立ち回り」を参照)


好不調判別法
次に台の演出による好不調判別法をまとめましたので参考にしてください。

【 好調台によく見られる演出 】

  • 入賞時フラッシュがよく発生する。
  • ULTRA IMPACTがよく発生する。
  • 兄闘SPSPリーチに発展しやすい。
  • ウルトラバトルモード中にプレミア演出が頻発する。
  • 敗北後の復活演出がよく出る。


【 不調台によく見られる演出 】

  • 赤保留を外す。
  • 入賞時フラッシュが発生しない。
  • ZATの演出が目立つ。
  • バッジギミック発動を外す。
  • ウルトラバトルチャンス突破後に即負ける。
  • ウルトラバトルチャンスを2回以上連続で突破できない。



ストローク
次にストロークですが、本機は盤面に「ここを狙って」の矢印指示がありますが、基本的にこのストロークで問題ありません。
これまでの京楽(オッケー含む)機種は弱め打ちだと回転率が大きく下がりましたが、本機はその点が改善されて大きく下がることはなくなりましたが、それでも弱め打ちだと若干下がるので注意してください。


ラウンド中の止め打ち
次に大当り中の止め打ちですが、まず捻り打ちに関しては成功率が低く、またラウンド間止め打ちに関してはタロウチャッカーによる恩恵があるので、止め打ちはせずに打ちっぱなしでOKです。


電サポ中の止め打ち
最後に電サポ中の止め打ち手順について簡単な方法を紹介します。
本機は右打ち中に保留が無いので単発打ちが有効で、下記手順を実戦することで微増させることが可能です。

@盤面右下のBONUS文字の「U」の上(下画像参照)を玉が通過したら1発打つ。
※以後、繰り返しです。

 ウルトラマンタロウ2 止め打ち

タイミングの取り方は個人差があるので、微調整は各々行ってください。


以上が無料版攻略情報です。
無料版なので攻略の核心部分や裏情報については書けませんが、さらに勝率を大幅アップさせたい方は下記ボタンから商品の購入をご検討ください。
安心のヤフオク購入にも対応しています。



パチンコ攻略商品のご案内





機種別攻略情報

パチンコ攻略機種1
パチンコ攻略機種2
パチンコ攻略機種3
パチンコ攻略機種4